毎週土曜日、東京都世田谷区を中心に活動する野球チーム

2012年7月7日(土)-2

17:00開始 羽根木公園
TEAM
1
2
3
4
5
6
R
Novis
0
0
1
2
1
0
4
成城ソネッツ
1
0
0
1
0
0
2
敗:鈴木
S:
本:

 

成城ソネッツ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 盗塁
1 [遊] 北 川
右二
捕ゴ
投ゴ
0
2 [二] 内 田
投犠
投ゴ
二ゴ
0
3 [捕]投 飯 塚
遊直
一飛
三失
0
4 [左] 石 山
右安1
遊失
遊ゴ
1
5 [投] 鈴 木
遊ゴ
四球
投ゴ
0
宮 本
遊失
0
6 [三]捕 山 本
二ゴ
三ゴ
三振
1
7 [一] 藤 野
死球
中安
三ゴ
0
8 [右] 宮 地
三ゴ
三ゴ
0
9 [中] 笠 井
二ゴ
投ゴ
0

 

投手 投球回 球数 安打 三振 四死球 ボーク 自責点 勝敗
鈴 木
-
飯 塚
-

 

試合経過
GBN5戦目はNOVISとの対戦。
決勝T進出のためにはこれ以上負けられないソネッツ。

先発はSCL東横ライナーズ戦で好投を見せた鈴木。
初回、先頭打者をフォアボールで歩かせるも、後続を打ち取り無失点に抑える。

するとソネッツはその裏、1番北川が右中間を破るツーベースで出塁すると、内田が送りバントを決めてバッターは3番飯塚。
惜しくもショートライナーに倒れ2アウトとなるも、今季初めて4番に座った石山がライト前にヒットを放ち北川が生還。
ソネッツが実に4試合ぶりの先制点を挙げる。

3回表のNOVISの攻撃。
1アウトから一塁藤野が正面の強いゴロを後逸しランナーを出すと、続くサードへの打ち取った当たりを山本がファンブルし1、2塁のピンチ。

3番打者を打ち取り2アウトとするも、続く4番にレフト前へ運ばれランナーが還り1対1の同点に追いつかれる。

さらに4回表にも鈴木は先頭打者を歩かせると、下位打線に2本の安打を許し2点を勝ち越されてしまう。

反撃したいソネッツはその裏。
4番石山のショートへの打球がエラーを誘い0死2塁のチャンス。
さらに暴投で3塁へ進むと、山本のサードゴロの間に生還。
2対3と1点差に迫る。
尚も藤野が22打席ぶりのヒットをセンターに放ち1、2塁のチャンス。
一気に同点に追いつきたかったが、ここは高尾、笠井が打ち取られ追加点はならず。

直後の5回表。
勢いに乗りたいソネッツだったが鈴木がピリッとしない。
3、4番に連続フォアボールを出すと、6番打者にセンターへの犠牲フライを打たれ痛恨の5点目を奪われてしまう。

最終回となった6回。
この日すでに1試合完投している飯塚がマウンドへ。
もはやスタミナは尽きているはずだが、圧巻の3者連続三振に抑えて、最後の攻撃に望みをつなぐ。

しかし、その最終回も得点することができず2対5のままゲームセット。

チャンスで1本が出ない、エースがピリッとしない。
厳しいチーム状態はそのまま試合の結果に表れ、これで公式戦4試合連続で勝利から見放されることとなりGBNの決勝T進出はもはや絶望的な状況となった。

今日のチームMVP

☆石山 尚#14

今季初の4番で先制タイムリー

 

試合結果

PAGETOP
Copyright © 成城ソネッツ All Rights Reserved.