毎週土曜日、東京都世田谷区を中心に活動する野球チーム

2012年7月14日(土)

15:00開始 光が丘公園
TEAM
1
2
3
4
5
R
NEW ODDS
2
0
2
0
0
4
成城ソネッツ
2
1
0
1
5
勝:飯塚
S:
本:

 

成城ソネッツ 1回 2回 3回 4回 5回 盗塁
1 [遊] 北 川
投ゴ
投飛
三安
1
2 [右]三 山 本
四球
三振
三振
1
3 [三]投 飯 塚
三ゴ
中安1
投飛
0
4 [中] 石 山
四球
中飛
中安1
1
5 [捕] 高 尾
遊失
右飛
二飛
0
6 [二] 内 田
死球
中飛
左二
0
7 [一] 藤 野
投ゴ
四球
中安
0
谷 口 0
8 [投] 鈴 木
死球
死球
1
佐久間
遊安1
0
0
9 [左] 笠 井
四球
遊ゴ
0

 

投手 投球回 球数 安打 三振 四死球 ボーク 自責点 勝敗
鈴 木
4 2/3
-
-
飯 塚
1 1/3
-

 

試合経過
GBN予選全7試合のうちの6戦目。
公式戦4試合連続で勝ち星から遠ざかっているソネッツ。
過去何度も苦杯を嘗めさせられたNEW ODDSを相手に勝利を挙げ流れを取り戻したい。

先発は鈴木。
NOVIS戦では要所で打たれ5敗目を喫しているが、周囲の信頼を取り戻すためにも、いい内容のピッチングを見せたいところ。

初回、先頭打者をいきなり歩かせてしまう不安定な立ち上がりも、落ち着いて牽制球でランナーを挟んで藤野から北川に転送し1アウト。
ここで落ち着いて2番打者をサードゴロに打ち取るも、これを飯塚が弾いてしまい一塁セーフ。
さらに3、4番打者にフォアボール、デッドボールで満塁のピンチ。
ここで5番打者に甘く入ったまっすぐを左中間に運ばれ、タイムリーツーベース。
課題の初回でまたしても不安定さを露呈し、いきなり2点を先制されてしまう。

その裏のソネッツ。
1アウトから2番山本がフォアボールを選んで出塁すると、盗塁を決めて2塁へ。
さらい飯塚のサードゴロの間に進塁し、2アウト3塁でバッターは石山。
ここで相手投手が暴投を犯し、山本がホームインし1点を返す。
さらにフォアボールで歩いた石山が盗塁を決めて、5番高尾のショートゴロがエラーとなる間に石山が生還し、ソネッツはノーヒットで同点に追いつく。

さらに2回裏。
交代した投手から、鈴木、笠井が連続四死球で0アウト1、2塁のチャンス。
ここで北川が送りバントを試みるもピッチャーへのフライとなり失敗。
続く山本も三振に倒れ嫌な流れになりかけたが、ここで飯塚が三遊間を破るヒットを放ち、鈴木が2塁から生還。
主砲のタイムリーでソネッツが逆転に成功する。

2回に上位打線から連続三振を奪うなど立ち直ったかに見えた鈴木だったが、3回に4番打者に2打席連続のデッドボールを与えた後、再び5番打者に今度はセンターへ場外ホームランを打たれて3対4と再び逆転を許してしまう。

前の試合からしぶとい攻撃で得点を挙げているソネッツ打線は4回に再び反撃。
先頭北川が三塁前にバントヒットを決めて出塁すると、盗塁を決めて2塁へ。
その後2アウトとなるも、前の試合から4番に抜擢されている石山がセンター前に運んで、北川がホームイン。
4対4とソネッツが再び同点に追いつく。

前の回からリリーフし、満塁のピンチを切り抜けた飯塚が最終回の5回もマウンドへ。
下位打線に対して三振、ピッチャーフライ、三振と完璧なピッチングを見せ、三者凡退。
その裏の攻撃にいいリズムを持ち込む。

すると最終回裏。
なんとしても勝利したソネッツは先頭の内田がレフトオーバーに会心のツーベースを放ち、サヨナラのランナーとして出塁。

さらに藤野がしぶとくセンター前に運んで1、3塁とチャンスを広げると、バッターは前の回から守備交代で出場していた佐久間。
この日を最後に引退することが決まっていたため、本当の最後の最後の打席。
プレッシャーの高まる場面だが、佐久間の放った打球は前進守備のショートのグラブを弾き、サヨナラタイムリーに。
内田がしっかり5点目のホームを踏んで、一塁付近に歓喜の輪ができる。

公式戦5試合ぶりの勝利を挙げたソネッツはGBN3勝目。

以前厳しい状況は変わらないが、長いトンネルを抜けられたことでチームにとって大きな意味を持つ1勝となった。
なお、好リリーフを見せた飯塚に4勝目が付いている。

今日のチームMVP

☆佐久間 孝雄#20

引退試合でチームを救うサヨナラ適時打

試合結果

PAGETOP
Copyright © 成城ソネッツ All Rights Reserved.