毎週土曜日、東京都世田谷区を中心に活動する野球チーム

2007年9月16日(日)

世田谷公園 19:00開始

チーム
ソネッツ
爆弾小僧 15

敗:オガワ 1勝1敗
本:

成城ソネッツ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 盗塁
[一]投 スズキ 投失 二飛 中飛
[中] カサイ 二安 二ゴ 一飛
[左]二 ヤマモト 右安 左二 一安
[一] ミヤカワ 三振 中安 中飛
[指] フジノ 三ゴ 右飛
[二] エノモト 三ゴ 三振
ナガタ
[遊] キタガワ 中飛 中飛
[投]一左 オガワ 三飛 三ゴ
[三] ミヤモト 一ゴ 一ゴ
10 [右] ヨシダ 四球 三振

投手 投球回 球数 安打 三振 四死球 ボーク 自責点 勝敗
オガワ -
スズキ   2/3 - -
ナガタ   1/3 - -

強いソネッツどこへ!?スモールベースボールに破れ屈辱の3連敗。


↑zzz・・・。

試合経過

今季3度目のナイターとなった一戦。
先攻のソネッツ。
先頭のスズキがエラーで出塁すると、カサイがヒットで続く。
そしてこの日無事に手術に成功し戻って来たヤマモトが1、2塁間を破るタイムリーを放ち先制。
さらにカサイが暴投により生還し2点目を奪う。

しかしその裏、先発オガワが先頭バッターを歩かせると、続くバッターにきれいに1、2塁間を破られるエンドランを決められ、
さらにライトのヨシダが後逸する間に1点を返される。
その後もヒットとエラーにバッテリーミスが加わりさらに3点を奪われてしまう
尚も2死2塁のピンチ。ここで8番打者に3塁線に痛烈なライナーを放たれるもミヤモトが飛びつきスーパーキャッチ。
なんとか最少失点に抑える。

2回裏にも1点を奪われるが、ソネッツの反撃は3回。
先頭のヨシダが四球で出塁し、暴投で2塁へ進みチャンスメーク。
2死になってから、またもヤマモトが左中間を破るタイムリーツーベースでヨシダがホームイン。
ここで4番ミヤカワがセンター前にしぶとく運び、1点差かと思われたが、ヤマモトが3塁を回ったところで転倒し3塁止まり。
後続が倒れこの回は1点に終わる。

するとその後は完全に爆弾小僧ペース。
ヒット、四球で出塁すると、バントやエンドラン、さらには重盗などでかき回し、6回まで毎回得点の15点。
ソネッツは5回からエースのスズキを投入するも故障の影響でコントロールが定まらず流れを止められない。
オールスターで好投したナガタも緊急登板で投手デビューしたが、結局アウトを1つしか奪えず、6回の相手の攻撃中にタイムアウトでゲームセット。

スコアは3対15。
スモールベースボールに敢え無く大敗し、ソネッツ野球の脆さを露呈した試合となった。

◆ソネッツコラム

球団初の3連敗。
スモールべースボールにやられてしまいました。

安打や四球で出したランナーを巧みなサインプレーでほとんど返されました。
しかも盗塁をほぼ全部決められたのもきつかったです。

そんな中いい働きを見せたのは、まずヤマモト
手術で1試合欠場から復活し、3安打の固め打ち。
うち2本がタイムリーという価値のある猛打賞でした。

そして途中出場のナガタも守備で貢献。
序盤から敵の足攻で困惑していた内野陣を統率し、無駄な進塁を阻止。
存在感を示しました。

また、ミヤモトはまず1回の守備でライナーをダイビングキャッチして魅せます。
さらに3回には高く上がったサードフライを落下地点に入りながらグローブで弾いてしまい、
後ろにいたキタガワが、そのボールをつかんでアウトにするという高度な連携技を完成させました。

来年、参加がほぼ決定的である草魂カップに向けて不安の残る試合でしたが、何にしても早く連敗を止めたいところです。

ソネッツ♯7

試合結果

PAGETOP
Copyright © 成城ソネッツ All Rights Reserved.