毎週土曜日、東京都世田谷区を中心に活動する野球チーム

2007年11月17日(日)

羽根木公園 9:00開始

チーム
ルー二ィチューンズ
ソネッツ 0×

敗:スズキ 4勝6敗
本:

成城ソネッツ 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 盗塁
[遊] キタガワ 中二 捕邪 投安
[左] ヤマモト 一飛 中安 遊ゴ
[二] ナカジマ 遊ゴ 一飛 四球
[一] ミヤカワ 左安 一飛 二飛
[投] スズキ 三振 右飛 投ゴ
[一] オガワ 中安 四球 投飛
[指] フジノ 三振 一飛 四球
[中] カサイ 一安 四球 中安
[三] ミヤモト 二ゴ 中安 三邪
10 [右] エノモト 三振 三振

投手 投球回 球数 安打 三振 四死球 ボーク 自責点 勝敗
スズキ -
オガワ - -

まだまだ続く!ソネッツ連敗街道ばく進中!!


↑またもや勝ちに見放されヤケクソ気味のソネット。

試合経過

今季3度目の顔合わせとなるルーニィチューンズ戦。
1回表、ソネッツ先発はエースのスズキ
いきなりヒット、四球、盗塁などでピンチを迎えるも、5番打者をピッチャーフライに打ち取り切り抜ける。

するとその裏のソネッツの攻撃。先頭キタガワが2球目を左中間にはじき返しツーベース。さらに三盗を決めてチャンスメーク。
二死後、この日久々4番復帰のミヤカワが初球をレフト前に運び1点先制。

スズキはこの日は球の走りが良く3回まで無失点。
しかし3回、これが連敗の呪縛なのかヒットと四球でランナーを溜めると、このランナーが2人ともバッテリーミスで生還し逆転を許してしまう。

この後ソネッツはランナーは出すもののチャンスでもう1本が出ず得点が奪えない。

スズキはその後立ち直り6回まで2失点にまとめ、オガワにバトンタッチ。
そのオガワも最終回を無失点に抑え、味方の反撃を待つ。

そしてソネッツ最後の攻撃。先頭フジノが四球を選び出塁。
さらにカサイが初球をセンター前にヒットを放ち無死1、2塁。
一打同点のチャンスだったが9番ミヤモトが力ないサードへのファールフライに倒れ、ここでまさかの時間切れでゲームセット。

ソネッツ、1-2で痛い敗戦を喫し、これで積み上げた黒星の数はついに6つとなった。

◆ソネッツコラム

7月の試合から勝ちに見放されこれで6連敗。
この試合はもうちょっとで勝てそうだった分悔しいゲームでした。

全員で8安打を放ちながら1得点。
しかも得点圏では9打数3安打と打っているにもかかわらず
相手の好守(股間でセーブなど)にも阻まれ得点ができずもどかしい展開でした。

ただ、4番復帰のミヤカワのタイムリーなど打線に少しずつ復調の気配も。

またセカンドのナカジマが6つのゴロをさばき好守を披露。
6回にひとつエラーをしたものの守備の成長を見せました。

また投手陣もスズキオガワとつないで自責点0と好投。
7回で四死球3と安定していました。

さぁ、そして特別企画!
07年・ソネッツ首位打者は誰だ!?のコーナーです。

今年は打率の上位が拮抗しており、最終戦まで首位打者がわからない状況となりました。
ヤマモト有利の状況は変わりませんが、意外とプレッシャーのない下位の人が取っちゃったりも。

◎最終戦の成績による首位打者のゆくえ

3-0 4-1 3-1 4-2 3-2
ヤマモト .289 .308 .316 .333 .342
キタガワ .283 .296 .302 .315 .321
スズキ . .283 .289 .304 .311
ミヤカワ . . . .289 .295

 

試合結果

PAGETOP
Copyright © 成城ソネッツ All Rights Reserved.